相互RSS募集中
相互RSS募集中

【原発問題】「若い奴にやらせるわけにいかない」高齢技術者が原発暴発阻止プロジェクトを発足

  1. 2011/04/25(月) 21:20:13|
  2. 国益速報(良いニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1:帰社倶楽部φ ★:2011/04/25(月) 19:19:39.26 ID:???0
福島原発を注視する技術者、山田恭暉さん(七二歳)がこのほど「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」
を呼びかけている。山田さんは住友金属工業で技術者として三〇年勤続した経験をもとに、技術者仲間
との議論の末、以下のような決意を呼びかけた。

(1)原発の暴発を防ぐには、一〇年作動する冷却設備を設置しなければならない(2)高度に放射能汚染
された環境下での作業となる(3)それができなければ広範な汚染が発生する可能性がある(4)阻止するには、
現場作業や技術を蓄積した退役者たちが次世代のために働くしかない。
当然、被曝するわけであり、大半の人間は賛否の判断にとまどう。「人のせいにしているのは気楽なことです
けども、我々は原発で作った電気を享受し、それを許してきた」と山田さんは決意の理由を次のように語る。
「被曝の制限で一〇分、一五分で帰ってこなければならない中ではまともな設備は作れない。三、四時間続けて
作業をしなければというのが私たち技術者の実感。ロボットを使うにしても、手で触りながらやらないと
できない仕事が残る。誰がそれをやるか。自衛隊がやればいいと言う人がいるが、若い奴にやらせるわけにいかない」。

実現の道筋も探り始めている。「東京電力に言っても受け付けないでしょう。政治の力を使わない限りこの
プロジェクトは実現しない」との認識で政治家と話し、「長期にわたる国の体制として退役した元技能者・
技術者のボランティアによる行動隊を作ることを提案」したいと呼びかけ文に記した。「原発専門の技術者に
聞くと数カ月なら応急措置でも回せる。その間、作業の訓練を一、二カ月行なう。技術者といっても原発作業
の専門家ではありませんから」と実現可能性を追求する。
「反対や批判は承知の上。だけど最悪のシナリオを書いて、やらなければいけないことからやる。
これは技術者が心をこめてやらなければ。報酬があってやっちゃダメです」と捨て身である。
五〇〇通のメール、二〇〇〇通の封書で呼びかけを始め、すでに二五人が参加を表明した。この覚悟を東電と
政府はどう受け止めるのか。

まさのあつこ・ジャーナリスト(2011/4/22)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1975

>> [ 【原発問題】「若い奴にやらせるわけにいかない」高齢技術者が原発暴発阻止プロジェクトを発足 ] の続きを読む

【東日本大震災】クウェート、日本に対し原油500万バレル(420億円相当)を無償提供・アハマド石油相発表[4/18 18:09]

  1. 2011/04/18(月) 20:05:18|
  2. 国益速報(良いニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

1:空挺ラッコさん部隊ρ ★:2011/04/18(月) 19:36:46.81 ID:???0
【カイロ時事】クウェートのアハマド石油相は18日、同国で開催された
アジア・エネルギー相会合の冒頭、東日本大震災の犠牲者に哀悼の意を示すとともに、
日本との連帯を示すため、500万バレル(420億円相当)の原油を無償提供することを
明らかにした。

 AFP通信によると、同石油相は「500万バレルの原油か加工品を日本に送ることを
閣議で決定した」と述べた。日本の原油消費量は日量約440万バレル。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000074-jij-int

>> [ 【東日本大震災】クウェート、日本に対し原油500万バレル(420億円相当)を無償提供・アハマド石油相発表[4/18 18:09] ] の続きを読む

【政治】子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先

  1. 2011/04/13(水) 07:44:10|
  2. 国益速報(良いニュース)|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

1:依頼363-98@シーツちゃんφ ★:2011/04/13(水) 06:44:09.59 ID:???0
子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先

政府・民主党は12日、中学生まで1人当たり月1万3000円を支給している「子ども手当」について、
支給期限が切れる10月以降は廃止する方向で調整に入った。

東日本大震災の復興に多額の予算が必要となるため財源確保は困難と判断した。
0月以降、自公政権時代の児童手当を修正した上で支給を継続する方針だ。

子ども手当は時限立法である「子ども手当法」に基づいて支給されている。
政府は、11年度は3歳未満児への支給額を月2万円とするための新たな法案を今国会に提出したが
野党の反対で成立を断念し、10年度の支給額を9月まで延長する「つなぎ法」を
共産、社民両党などの協力を得て成立させた。

しかし、10月以降も支給を継続する場合、新たに約1兆1000億円が必要となるため、
復興財源の確保を優先することにした。

子ども手当が廃止されると、恒久法の児童手当法に基づき、所得制限のある児童手当が自動的に復活する。

▽ ソース YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110412-OYT1T01200.htm

>> [ 【政治】子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先 ] の続きを読む

3/17に到着した「トモダチ作戦」の米海兵隊員、散々待たされ4/3にようやく本格的な活動

  1. 2011/04/06(水) 05:48:47|
  2. 国益速報(良いニュース)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

1:ぽキール星人φ ★:2011/04/05(火) 01:11:25.30 ID:0
今回の震災直後から、アメリカ軍は「トモダチ作戦」と称して、過去最大規模の災害支援を行っています。
宮城県気仙沼の沖合にある、今もほぼ孤立状態の島で瓦礫の除去作業などに当たっている海兵隊の活動に密着しました。

 宮城県沖で活動する、アメリカ海軍の強襲揚陸艦「エセックス」。戦地や被災地に物資と人員をいち早く届けるのが
役割のこの船で、3日夜明け前、海兵隊の兵士たちに集合がかかりました。

「遺体を発見しても決して触れるなよ。日本側に知らせて収容してもらうことになっているから」(海兵隊員)

彼らは沖縄のキャンプ・ハンセンを拠点とする、第31海兵遠征部隊の兵士たち。イラク戦争に派遣されたこともある、
海兵隊の精鋭部隊です。

「準備はいいか?乗り込め」(海兵隊員)

テントや寝袋など、野営生活に必要な装備を背負ったおよそ170人の兵士たちが乗り込むのは、「エセックス」に
備えつけられた2艇の上陸用舟艇。水深の浅い場所への上陸に使われるものです。

大量の援助物資や重機のすき間を埋めるように乗り込んだ兵士たち。吹きすさぶ三陸沖の冷たい海風に、思わず身を縮めます。

「日本の人々を助けるために、自分ができるかぎりのことをしたい。今は寒さをしのぐので精いっぱいだけどね」(海兵隊員)

3日早朝、沖合の艦船から上陸用の船で運ばれてきたアメリカ海兵隊の兵士たちと重機が、気仙沼湾の大島に到着しました。
人口およそ3500人。観光と漁業が盛んな島として知られる大島は、津波で壊滅的な被害を受けたものの支援の手が届かず、
しばらく孤立状態となっていました。

物資が届くようになった今でも自衛隊の手が回らず、瓦礫はほとんど手つかずのままとなっています。

アメリカ軍が主に行っているのが、島の人々の生活に欠かせない浦の浜港周辺の復旧作業です。陸上自衛隊と
海上自衛隊から派遣された隊員が、島の人たちが何をしてほしいのかを伝える調整役を務めています。

「本当に穏やかで、皆さんに親切にしていただいてありがたいです」(島の女性)
「助かりますね」(島の男性)

実は、ほとんどの海兵隊員にとっては、「トモダチ作戦」の派遣命令を受けて17日に宮城沖に到着して以来、これが初めての本格的な活動となります。

「長い間待ちました。皆早く船を下りて大島の人たちを助けたかったので、やっと叶いました」(海兵隊員)

アメリカ軍は、今週中には港周辺の瓦礫の撤去を終えたいとしています。作業が始まってまだ3日目ですが、
兵士たちにとって大島は既に特別な存在になっているようです。

そーす TBS News i
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4691481.html

>> [ 3/17に到着した「トモダチ作戦」の米海兵隊員、散々待たされ4/3にようやく本格的な活動 ] の続きを読む

【大震災】天皇・皇后両陛下、東京の避難所を訪問…膝つきながら被災者励ます★2

  1. 2011/03/31(木) 07:18:14|
  2. 国益速報(良いニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天皇、皇后両陛下は30日午後、
東日本巨大地震の被災者約290人が避難している東京武道館(東京・足立区)を訪問された。

 震災後、両陛下が被災者を直接見舞われるのは初めて。

 福島第一原発の事故を受けて開設された避難所で、約270人が福島県から身を寄せている。
両陛下は、畳が敷かれた道場を約40分間かけて回り、
膝をつきながら「元気出して下さいね」などと励まされた。

 同県いわき市の古川裕子さん(32)の自宅は原発から30キロ圏外だが、
8歳と2歳の子供の健康を案じ夫と共に避難した。
皇后さまに「子供が遊ぶ環境はありますか」「よく眠れますか」と気遣われ、
「目を見て話してくださり、優しい方だと感じた」と笑顔を浮かべた。

(2011年3月30日20時30分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110330-OYT1T00855.htm?from=navr
画像 被災者を励まされる天皇、皇后両陛下(30日、東京・足立区で)=代表撮影

http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0664300.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110330-096916-1-N.jpg

2011/03/30(水) 20:18:35.30
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1301483915/l50

>> [ 【大震災】天皇・皇后両陛下、東京の避難所を訪問…膝つきながら被災者励ます★2 ] の続きを読む


次のページ